[四川料理巴蜀]のかくし味

Blog of Hashoku

樟茶鴨

思うところあり、実験的にレシピ付きブログを書いてます。レシピはそれなりにしっかりしたものを作ってますので、勝手に作って下さい。今日のレシピは制作時間二分でした。

 

樟茶鴨は1920~30年代に生まれた。四川料理の名店「姑姑筵」の創業者が北京に行ったときに食べた「满汉熏鸭」よりヒントを得て、福建漳州より入るお茶をスモークに使ったアヒル料理を漳茶鸭と名付けた。

 
 

その後、お茶が手に入りにくくなって(店の規模が大きくなり量が調達できなかったとの説もあり)樟の葉、四川のジャスミン茶を使って漳州茶の代用とし、「樟茶鴨」と名付けた。

 
 

樟は元々は関係がないようです。しかし現在も樟のスモークはしていることから、まったく無意味ということにはなりませんね。桜でもいいんじゃないかと思います。

 

樟茶鴨

合鴨1800グラム

葱頭50グラム

生姜15グラム

塩35グラム

胡椒2グラム

花椒1グラム

五香粉2グラム

二鍋頭30グラム

砂糖20グラム

硝石3グラム

酒醸30グラム

 

樟25グラム

四川花茶25グラム

カテゴリ
月別記事

福岡県福岡市博多区美野島2丁目3−14 TEL 092-482-7474

mars inc / mars contents farm

© 2017 9syoku All Rights Reserved.